FX初心者がFXのやり方、始め方に迷わないFX口座はここ!
  • GMOクリック証券
  • SBI FXTRADE
  • YJFX!
  • もっと見る

為替レート予想のためのFXチャート分析の入門

為替の動きが一目でわかるローソク足

現在、円安トレンドで安定し、相場に激しい動きがないため、短期で取引をする場合、下がったところで買い、上がったところで売るというシンプルな手法で利益を上げることができます。

しかし、さらに大きな利益を出そうと考えれば、一歩踏み込んで、相場の分析手法を勉強する必要があります。短期取引の場合は、テクニカル分析といった手法を用います。これは、チャートや市場での取引高の統計などを使って、相場の変動のパターンを経験則から予測する分析手法です。代表的なものはチャートを用いて売り買いのタイミングを知るチャート分析になります。

テクニカル分析を勉強する上で最初に知っておくべきものは「ローソク足」です。ローソク足は為替チャートだけではなく、株などの分析にも用いられるので、目にしたことのある人は多いでしょう。

ローソク足とはローソクの形をした罫線ですが、これを1本見れば、為替レートの動きがひと目でわかるようになっています。上昇相場は陽線でいわれ、下降相場は陰線で示されます。また、ローソクの長さで動きの強弱を判断することができます。長い陽線であれば、その勢いは強く、上昇を続ける可能性が高く、短ければその勢いは弱く、上昇の可能性があることを示します。

candle00.png

これに加えて、相場の動きを曲線で表してトレンドを示す「移動平均線」を併用するとさらに有効です。移動平均線が上向きなら「上昇トレンド」、下向きなら「下降トレンド」と判断できます。

為替相場の分析方法の基本を覚えよう

ローソク足よりもさらに視認性の高い平均足

次に人気なのが平均足です。これは「コマ足」とも呼ばれるもので、ローソク足の実体部分の上辺と下辺に「平均値」を採用したものです。平均足は売買シグナルが非常に分かりやすいのが特徴です。陰線が何本か続いたあとに陽線が出れば「買い」、陽線連続のあとに陰線が出れば「売り」と、売買判断をシンプルに行うことができます。
平均足をチャートに表示させた場合に注意をしなければいけないのは、本当の終値の値が違うという点です。ローソク足より視認性が高いという利点はありますが、トレンドの方向を探るためだけに利用して、終値の位置などを正確に把握するためには、ローソク足の併用が求められます。

candle01.png
candle02.png

チャート分析がしやすいFX口座をひとつは持っておこう

取引目的に応じて有利なFX口座は必ず持とう!口座開設は無料です

積極的にトレードしたい方は
デイトレ型トレードに適した会社
一覧で見る

おすすめFX口座! ヒロセ通商

じっくりトレードしたい方は
スイング型トレードに適した会社
一覧で見る

おすすめFX口座! 外為どっとコム

のんびりトレードしたい方は
スワップ型トレードに適した会社
一覧で見る

おすすめFX口座! SBIFXトレード

より多角的に利益をあげたい方は
バイナリー&シストレに適した会社
一覧で見る

おすすめFX口座! GMOクリック証券

レポートキャンペーン実施中


ガラケートレーダー×デューカスコピー・ジャパン☆ECNで真価を発揮!!『仲値トレードの鬼レポート』プレゼント!!

特集コラム

FX初心者のよくある質問
HOME » 為替レート予想のためのFXチャート分析の入門