FX初心者がFXのやり方、始め方に迷わないFX口座はここ!
  • GMOクリック証券
  • SBI FXTRADE
  • YJFX!
  • もっと見る

FXの注文の基礎 指値・逆指値の出し方・やり方

FX基本注文「成行注文」

FXの基本の注文方法は、「成行注文」「指値注文」「逆指値注文」の3つです。FXの取引を始める前に、まずこの3つの取引方法の出し方・やり方を覚えましよう。

「成行注文」は値段を指定せず、その時点の為替価格で売買する注文方法です。「買いたい(売りたい)」と思ったときに、買いのボタンをクリックして注文します。相場の動きを見ながら手動で行なうものなので、クリックしてから約定するまでにどうしても0コンマ数秒のタイムギャップが生じます。正確に「買いたい(売りたい)」と思った価格で約定しないときがあるのが欠点です。

日常的な取引でも利用できますが、例えば、チェックしていなかった通貨ペアが要人などの発言で急に下落したとします。そのとき、取引口座を開きその流れで売り買いするなどといった利用方法もあります。

待ち伏せ注文の代表格「指値」「逆指値」

次に「指値注文」です。指値注文は、[買いたい(売りたい)」値段をあらかじめ指定するものです。為替レートが指定した値段に達したら取引が成立するという注文方法です。相場が円高に進むと予想するなら、予想した値段よりも少し安い値で買い注文を出し、相場が円安に進むと予想するなら、予想した値段よりも少し高い値で売り注文を入れます。パソコンに張り付いている必要がないので、仕事などで取引する時間を取れないサラリーマンなどにとって便利な注文方法です。

また、注文のキャンセルなども簡単にできるので、未成約のポジションは相場の動向を見ながら再注文していくこともできます。チャートの値動きに一喜一憂せず、あらかじめ値動きを分析して、注文価格を決めていきます。

「逆指値注文」は「指値注文」と反対の注文方法です。「今よりも高い値段で買いたい、もしくは今よりも安い値段で売りたい」という場合の売買値段を指定します。例えば、「1米ドル100円で買ったものの、98円まで下がってしまった。今後も下落するかもしれないので、97円になったら売ってしまおう」というように、損益を確定する場合に頻繁に利用します。

また、すでに利益の出ているポジションが減益した場合の防波堤の意味合いでも利用可能です。例えば、100円で買った後に、102円に上がった。まだ上がるかもしれないけれど、もし101円まで値下がりしたら売ろう、という具合の利益確定のために使うこともできます。欲を出し過ぎない、過信しないためのセルフコントロールをしながら、安全なトレードをするのに役立ちます。まずはこの3つの基本の注文方法の出し方・やり方を覚えれば、FX取引で困ることはないでしょう。

迷わずすすめ!FXはやってみなくてはわからない

取引目的に応じて有利なFX口座は必ず持とう!口座開設は無料です

積極的にトレードしたい方は
デイトレ型トレードに適した会社
一覧で見る

おすすめFX口座! ヒロセ通商

じっくりトレードしたい方は
スイング型トレードに適した会社
一覧で見る

おすすめFX口座! 外為どっとコム

のんびりトレードしたい方は
スワップ型トレードに適した会社
一覧で見る

おすすめFX口座! SBIFXトレード

より多角的に利益をあげたい方は
バイナリー&シストレに適した会社
一覧で見る

おすすめFX口座! GMOクリック証券

絶得!新規口座キャンペーン

特集コラム

FX初心者のよくある質問
HOME » FXの注文の基礎 指値・逆指値の出し方・やり方