FX初心者がFXのやり方、始め方に迷わないFX口座はここ!
  • GMOクリック証券
  • SBI FXTRADE
  • YJFX!
  • もっと見る

円安と円高の意味とは

円安・円高とは、アメリカのドルに対して日本円の価値の状態をさす

円高・円安は最初は難しいと思います。日常生活をしていると通貨(円)の価値が上がる下がるなんて気にしません。ただFXをするうえで、円安・円高の意味を知る事は避けてとおれません。最低限のことは覚えるようにしましょう。

教科書的には、「円安は円の価値が下がること。円高は円の価値が上がること」と説明されています。ただこれには補足が必要です。「円がどの通貨に対して価値が上がったのか、下がったのか」ということです。

通常テレビのニュースで言われている円安、円高はアメリカの米ドルに対して円の価値が上がったか、下がったかを指します。つまり円安とは米ドル高・円安であり、円高とは米ドル安・円高であるということになるのです。

円高・円安はりんごに例えて覚えよう

もっとわかりやすく説明するため、アメリカの通貨である米ドルを商品のりんごに例えてみましょう。

1米ドル=1つのりんごであると仮定します。先月までりんご(1米ドル)は100円で購入することができました。しかし今日買おうとしたら150円に値上がりしていました。こういう状態が円安です。

つまり1つ100円で購入できたりんごは、150円に値上がりして、多くの円を支払わなくてはいけなくなった状態。これは円の価値が下がったということになり、つまり円安です。逆に1つ150円で購入できていたりんごが100円になったということは、円の価値が上がった、つまり円高ということになるのです。

このように円安、円高はものの値段であるというイメージでいれば覚えやすくなります。

FXでは円高・円安で利益と損失が発生する

円安・円高によりFXでは利益、損失が発生します。ただ買いポジション、売りポジションのどちらを持っているかにより状況は変わります。理論理屈で覚えようとすると大変なので、以下のようなマトリックスにして覚えた方が早いと思います。取引きしながら迷ったら見返せばいいでしょう。ぜひこのページをブックマークしてください。

poji0307.png

FXの基本② レバレッジを制する者はFXを制する

これだけは覚えておこう!

FXは為替差益で利益を上げる

FXの仕組みは外貨預金と同じで為替差益で利益を得るものです。円高時に外貨を買い、円安時に売れば利益が出る極めてシンプルな投資です。

少額資金で大きな額を運用

外貨預金との違いは少ない資金で大きなお金を運用できる点にあります。レバレッジ(最大25倍)をかけることで、約4万円で1万米ドル(100万円)を運用することができます。少額から始めたい場合は1000通貨、約5,000円からスタートもできます。

売り買い双方向で取引可能

FXは外貨預金と違い、売り買い双方向から取引ができるため有利。円で外貨を買い値が上がったところで売る、円で外貨を売り、値下がったところで買うということが可能です。

迷わずすすめ!FXはやってみなくてはわからない

取引目的に応じて有利なFX口座は必ず持とう!口座開設は無料です

積極的にトレードしたい方は
デイトレ型トレードに適した会社
一覧で見る

おすすめFX口座! ヒロセ通商

じっくりトレードしたい方は
スイング型トレードに適した会社
一覧で見る

おすすめFX口座! 外為どっとコム

のんびりトレードしたい方は
スワップ型トレードに適した会社
一覧で見る

おすすめFX口座! SBIFXトレード

より多角的に利益をあげたい方は
バイナリー&シストレに適した会社
一覧で見る

おすすめFX口座! GMOクリック証券

レポートキャンペーン実施中


ガラケートレーダー×デューカスコピー・ジャパン☆ECNで真価を発揮!!『仲値トレードの鬼レポート』プレゼント!!

特集コラム

FX初心者のよくある質問
HOME » 円安と円高の意味とは